どれを取得する?パン作りの人気資格をご紹介│情報まとめサイト
パン作り資格

どれを取得する?パン作りの人気資格をご紹介│情報まとめサイト

昨今、自宅でも簡単にパンが作れるようになっています。

手作りパンに関する資格を取得することも人気となっています。

この記事ではパン作りの資格で人気のものをご紹介いたします。

手作りパン健康ソムリエ

手作りパン健康ソムリエについて見ていきましょう。

資格の詳細

この資格を取得する意味やメリットなどについてご紹介します。

資格内容

日本安全食料料理協会(JSFCA)が実施する認定制度です。

パンの歴史、日本・世界のパン、パンの材料、パンの製法とその分類、パンの作り方やパン作りに使う道具などに関する、あらゆる知識を有している人に認定される資格です。

認定試験に合格することで、手作りパン健康ソムリエ資格を取得することができます。

受験料

10,000円です。

申し込み方法

日本安全食料料理協会ホームページの申し込みページから申し込むことができます。
毎年隔月(1、3、5、7、9、11月)で受け付けています。

受験方法

在宅受験となります。

申し込んだ月により、2、4、6、8、10、12月の20~25日が試験期間となります。

この期間中に在宅にて試験を受け、提出期限(同月末)までに返却用の封筒で解答用紙を郵送します。

試験会場へ行く必要が無く、試験期間中いつでも受験できるため、忙しい方でも受験しやすいです。

受験資格の有無

特にありません。誰でも受験できます。

合格基準

70%以上の評価で合格となります。

資格取得のメリット

パンの起源や様々な製法、パンに使う小麦粉や天然酵母やイーストの種類と働き、発酵の過程や手順、ベンチタイムの必要性、パンを焼き上げる際のポイントなどに関して知識を付けることができます。また、他の食材と組み合わせて応用していく方法なども学べます。

オーガニックで無添加なパンなど、健康を重視した手作りパンを自宅で作れるようになります。

パン作りについて基本的な知識を身に付けたい方はもちろん、自家製パンのレベルを上げたい人にもおすすめの資格です。

どのような仕事につけるのか

手作りパン健康ソムリエとして、パンの知識を教えたり、パンが持つ健康への効果を考えたり、美味しい食べ方を提案する活動ができます。

専門学校や、カルチャースクールで講師として活躍できるでしょう。

また、自宅で手作りパン教室を開催するなど、おいしく健康なパンの作り方を教えることができます。

もちろん、パンを扱う企業などへの就職時にも、パンの知識を備えていることを履歴書でアピールできます。パン屋、レストラン、カフェ、ホテルなどで、パンの製造をする場合にも役立ちます。健康志向のパンメニューはお店のイメージアップにも繋がるでしょう。

どのような通信講座があるか

手作りパン健康ソムリエの資格取得のための学習ができる通信講座をご紹介します。

諒設計アーキテクトラーニング

手作りパン健康ソムリエW資格取得講座は、手作りパン健康ソムリエとパン・ベーカリーアドバイザーの2資格に対応した内容です。

この講座は、通常の講座と、協会指定のスペシャル講座の2種類があります。

通常の講座は、受講後に自分で試験に申し込み、受験する必要がありますが、スペシャル講座は卒業課題を提出し、講座を卒業すると同時に2資格を取得することができます。試験を受ける必要がないのが魅力です。

受講期間は6ヶ月(最短2ヶ月)、受講料は通常講座が59,800円スペシャル講座が79,800円です。分割払いにも対応しています。
学習サポートとして、専属のスタッフが質疑応答に無制限で対応しているため、学習中にわからないことがあっても安心です。

SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンの手作りパン講座も、手作りパン健康ソムリエとパン・ベーカリーアドバイザーの2資格に対応しています。

基本コースと、協会指定のプラチナコースがあり、プラチナコースでは卒業課題を提出することによって、2資格を同時に取得することができます。試験を受ける必要はありません。

受講期間は6ヶ月(最短2ヶ月)、受講料は基本コースが59,800円、プラチナコースが79,800円です。分割払いも可能です。
学習中のサポートとして、プロの指導者に個別で質問することができるため安心です。

パン・ベーカリーアドバイザー

パン・ベーカリーアドバイザーについて見ていきましょう。

資格の詳細

この資格を取得する意味やメリットなどについてご紹介します。

資格内容

日本インストラクター技術協会(JIA)が実施する認定制度です。

パンの種類や製法に関してあらゆる知識を有し、かつ実践的なパン作りの手順やポイントについての技能を有している人に認定される資格です。

認定試験に合格することで、パン・ベーカリーアドバイザー資格を取得することができます。

受験料

10,000円です。

申し込み方法

日本インストラクター技術協会ホームページの申し込みページにて申し込み可能です。

毎年1、3、5、7、9、11月が受付期間となっています。

受験方法

在宅受験となります。

申し込み月に応じて、2、4、6、8、10、12月の20~25日が試験期間となります。

この期間中に在宅にて試験を受け、提出期限(同月30日、2月は28日)までに返却用の封筒で解答用紙を郵送します。

試験期間中、自宅でいつでも受験できるため、仕事や家事育児などでなかなか時間が取れない方も受けやすい資格です。

受験資格の有無

特にありません。誰でも受験できます。

合格基準

70%以上の評価で合格となります。

資格取得のメリット

リーン系とリッチ系、食事パンと調理パンとバラエティブレッドとおやつパンの分類、クロワッサンやミルクパン、ブリオッシュなどの様々なパンのレシピ、ガス抜きや一次発酵と二次発酵の正しい方法、パンが膨らまないときの対処法などを学ぶことができます。

また、実際にパンを作る際の重要なポイントや技能など、実践的な知識が身に付きます。

自宅で本格的なおいしいパンを焼きたいと考えている方におすすめです。

どのような仕事につけるのか

パン・ベーカリーアドバイザーとして、パン作りに関する疑問や悩みを解消し、正しい知識を教えることができます。専門学校やカルチャースクール、料理教室で、講師として活動可能です。実際に一緒にパンを作り、それを通してアドバイスをしていくのが主な仕事です。

もちろん、実際にパンを焼く知識が備わっているので、パン職人としての道もあります。パン屋やレストラン、パンを扱う食品メーカーなどへの就職・転職の際に、パンの知識を持っていることをアピールすることができるでしょう。

どのような通信講座があるか

パン・ベーカリーアドバイザーの資格取得のための学習ができる通信講座をご紹介します。

諒設計アーキテクトラーニング

手作りパン健康ソムリエW資格取得講座は、手作りパン健康ソムリエだけでなくパン・ベーカリーアドバイザーにも対応しています。

この講座は、通常の講座と、協会指定のスペシャル講座の2種類があります。

通常の講座は、講座終了後に自分で試験に申し込み、受験する必要がありますが、スペシャル講座は卒業課題を提出し、講座を卒業すると同時に2資格を取得することができます。試験を受ける必要がないのが魅力です。

受講期間は6ヶ月(最短2ヶ月)、受講料は通常講座が59,800円スペシャル講座が79,800円です。分割払いにも対応しています。

専属のスタッフが質疑応答に無制限で対応する学習サポートが付いているため、学習中にわからないことがあっても安心です。

SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンの手作りパン講座も、手作りパン健康ソムリエだけでなくパン・ベーカリーアドバイザーにも対応しています。

基本コースと、協会指定のプラチナコースがあり、プラチナコースでは卒業課題を提出することによって、2資格を同時に100%確実に取得することができます。試験を受ける必要が無いため、多くの方がプラチナコースを選択しています。

受講期間は6ヶ月(最短2ヶ月)、受講料は基本コースが59,800円プラチナコースが79,800円です。分割払いも可能です。

学習中のサポートとして、プロの指導者に個別で質問することができます。わからないことがあってもメールで質問できるので、挫折することなく学習を進めることができます。

おうちパンマスター

おうちパンマスターについて見ていきましょう。

資格の詳細

この資格を取得する意味やメリットなどについてご紹介します。

資格内容

どんなに忙しい人でも、パン作り初心者さんでも、パン作りを手軽に身近なものにしてもらいたいという想いで、cottaのパートナー教室である、minnaで2016年5月にスタートした認定資格です。

現在は、この想いに賛同したcottaが、共催する形で再スタートしています。

パン作りの当たり前の工程を極限まで削ぎ落としてシンプルにしたレシピを身に付けることができます。

さらにレベルアップしたい方のために、シニアおうちパンマスター資格も用意されています。

受験料

講座受講料・サポート費込みで15,000円です。(テキスト・道具・材料費は別となります。

申し込み方法

cottaのホームページで、受講チケットを購入し、1つ目の課題を提出した時点で受講スタートとなります。

受験方法

在宅受験となります。

卒業テストは、調べながら受けることができるため、ハードルの低い試験と言えます。

受験資格の有無

特にありません。9レシピの課題提出が完了している方であれば誰でも受験することができます。不合格の場合も再テストを受けることが可能です。

合格基準

基準点(70/100点)をクリアすれば合格です。

資格取得のメリット

通常のパン作り資格とは違って、気軽にパン作りが楽しめるシンプルなレシピを学ぶことができます。

生地をこねるのに時間が掛からず、作業台が汚れません。発酵する時間を気にせずに、好きな時にパンが焼けます。冷蔵庫でゆっくり時間をかけて発酵させ、パン生地を数日保存することもできます。難しい成形をしなくてもよく、オーブンが無くてもトースターやフライパンで焼けるため、毎日でもパン作りを楽しめるようになります。「パン作りをしたいけど家にオーブンが無い」という方でも自宅でパンを焼くことが可能です。

忙しい方も、初心者も、ズボラな方も、簡単においしいパンを焼けるようになることが最大の魅力です。

おうちパンマスターに登録すると、Facebookのおうちパンマスター交流会ページに参加することができます。資格取得後に、情報交換の場が用意されているのが特徴です。

どのような仕事につけるのか

学習したレシピを使用して、パン教室を開くなどが主な仕事になるでしょう。普通のパン作りとは違うレシピのため、他の教室と差別化することができます。幼稚園や小学校に通うお子さんを対象にしたり、乳幼児連れの方を対象にしたりするなど、手軽で簡単、おいしいレシピの特徴を生かした活動が可能です。

自宅で教室を開くだけでなく、地域のコミュニティスペースや公民館などで出張レッスンを行うなど、活動の仕方は様々です。

ボランティア活動の一環として、保育園や学童などでパン作りを広める活動している方もいるようです。ボランティアの場合、cottaが材料費などを支援する場合があります。

どのような通信講座があるか

おうちパンマスターの資格取得のための学習ができる通信講座をご紹介します。

cotta

おうちパンマスター資格取得のためには、cottaの認定教室で学ぶか、通信講座を受けることが必須となっています。

通信講座の受講料は15,000円です。テキストや、課題提出のために必要な道具・材料は、これとは別に購入する必要があります。また、合格後のおうちパンマスター登録料や、システム利用料、オプションレシピの追加料も、必要に応じて追加となります。

受講チケットを購入してから90日以内に、1つ目の課題を提出することで、受講スタートとなります。受講スタートから受講終了までは1年間(365日)となっているため、この期間内に完了するよう勉強を進めます。

課題の9レシピを自宅で実際に作り、受講生専用ページのチャットで写真を提出することで、課題提出となります。課題の添削は、代表講師の吉永麻衣子先生とシニアアドバイザーの先生が担当します。分からないことがあれば、気軽に質問することができます。

パンマイスター

パンマイスターについて見ていきましょう。

資格の詳細

この資格を取得する意味やメリットなどについてご紹介します。

資格内容

日本創芸学院が実施する認定制度です。

パン作りの基礎から、材料の選び方、菓子パンや天然自家製酵母パンの作り方など、本格的なパン作りの知識と技能を身につけた人に認定される資格です。

指定の講座を修了することで、パンマイスター資格を取得することができます。

受験料

教材費・サポート費・認定証発行費等込みで64,000円です

申し込み方法

ハッピーチャレンジゼミ(創芸グループの通信講座を紹介するホームページ)の申し込みページにていつでも申し込み可能です。

受験方法

在宅受験となります。

全6回(学科5回、実習1回)の提出課題全てに合格すると資格が取得できます。

受験資格の有無

特にありません。誰でも受験することができます。

合格基準

公開されていません。

資格取得のメリット

パン作りの基礎から応用まで学ぶことができます。作りたいパンに合わせた材料の選び方と、効果的な使い方などを学べるため、効率の良いパンの作り方が身につきます。

調理パンや菓子パン、イタリアのフォカッチャなど、おいしく珍しい世界のパンのレシピを知ることができ、これらのパンを自分で作れるようになります。学べるレシピは、全部で118種類です。

また、天然自家製酵母パンを、酵母の作り方などの基礎から学習できます。

パン・アートが作れるようになるため、イベントやお祝いのときなどに作ると、特にお子さんに喜ばれるでしょう。

お店のコンセプトや、メニューづくり、マーケットの調査など、パン屋開業のためのノウハウも学べることが特徴です。

講座を優秀な成績で修了すると、文部科学大臣賞をはじめ、公益社団法人日本通信教育振興協会会長賞、一般社団法人全国産業人能力開発団体連合会優秀者賞など、さまざまな賞をもらえるチャンスがあるようです。

どのような仕事につけるのか

幅広く学んだパン作成の知識と、開業ノウハウを使ってパン屋を開業することができます。

イーストだけでなく自家製天然酵母を使ったパンを作る知識があり、また、パン・アートもできるため、メニューを豊富に取り揃えることができるでしょう。

開業ノウハウの中には、具体的な指導メニューや指導のポイントも含まれるため、自宅でパン教室を始める方も多くいます。また、カルチャースクールなどで講師として活動をすることもできます。

有料ではありますが、パンマイスターバッジや資格認定看板を発行することができるため、実力を証明しやすく、活動の助けになります。

もちろん、パン屋、パンを扱う食品メーカーへの就職・転職の際に、履歴書や面接でアピールすることもできるでしょう。

どのような通信講座があるか

パンマイスターの資格取得のための学習ができる通信講座をご紹介します。

日本創芸学院

パンマイスター資格取得のためには、日本創芸学院の通信講座を受けることが必須となっています。

標準受講期間は6ヶ月、受講料は64,000円です。分割払いにも対応しています。

6ヶ月で修了できなくても、3ヶ月間は無料で受講期間を延長することができます。

教材は、テキスト(全5巻)・DVD(全3巻)・ガイドブックの他に、パン作りの実習に使う材料と道具もセットになっています。国産強力粉1kg、フランスパン専用粉1kg、食パン型(1斤・フタ付)、カード(スケッパー)と充実の内容です。現在、特典として食パン用・フランスパン用のドライイーストと、菓子パン・デニッシュ用のドライイーストの2点も付いてきます。

人気ブーランジェリーなどの一流の講師陣が添削指導をしていることが魅力です。丁寧な個別指導を通して、知識と技能を身に付けていくことができます。受講期間中は、分からないことがあれば何度でも質問することができるので、安心して勉強を進めることができます。

学院のホームページ内に、受講生同士で情報交換できる「ホームルーム」を設けており、パソコンやスマホなどで利用することができます。

パン製造技能士

パン製造技能士について見ていきましょう。

資格の詳細

この資格を取得する意味やメリットなどについてご紹介します。

資格内容

「パン製造技能士」は、パン作りに関する唯一の国家資格です。

パン製造の職種における技能や知識を評価します。

2級、1級、特級に分かれ、それぞれ学科試験(筆記)と実技試験があります。

この試験に合格することで、資格を取得することができます。

2級、1級では、パン種類、パンの作り方、材料、関連法規、安全衛生など、パンの製造においての幅広い知識が問われます。

実技試験については、材料を選び、配合するところから、実際にパンを焼き、製品検査するところまでが試験内容です。

特級は、管理者・監督者向けの資格なので、パンの製造というよりは、工程管理や原価管理などが試験内容となります。

受験料

学科試験は3,100円、実技試験は17,900円です。

34歳以下の2級の受験生は、9,000円割引で実技試験が受けられます。

申し込み方法

各都道府県職業能力開発協会へ申し込みます。

毎年10月上旬~中旬(土日祝日を除く)に申し込みを受け付けています。

ネット申し込みはできません。各都道府県で指定された場所へ、申請書、受験料、本人確認書類等を持参・提出します。

受験方法

会場受験となります。会場等の詳細は受験票にて案内されます。

受験資格の有無

受験資格は主に実務経験が必要となります。

2級の場合は、2年以上実務経験がないと受験ができません。

1級の場合は、2級の合格者であれば2年以上の実務経験、2級の合格者でない場合は、7年以上の実務経験を積む必要があります。

特級の場合は、1級に合格した後に実務を5年以上経験していれば、受験資格が得られます。

 

ただし、学歴や職業訓練の有無によって、実務経験年数が短縮されたり、試験が免除されたりするので、厚生労働省のホームページを確認するようにしましょう。

合格基準

100点を満点として、原則として実技試験は60点以上、学科試験は65点以上で合格となります。

資格取得のメリット

「パン製造技能士」を名乗ることができ、パン作りのプロとして高く評価されます。

資格を持っていない人は、技能士を名乗ることはできません。

国家資格のため、製パン業界への就職・転職に有利に働きます。

また、資格保有によって、手当てがつく企業もあります。

職業訓練指導員 (パン・菓子科)の実技試験および関連学科試験を免除される場合もあります。

どのような仕事につけるのか

知識と技術を活かし、パン職人として、パン工場、パン屋で働く道があります。ホテルやカフェ、レストランのパン製造を担当することもできます。

また、製パン業界の企業で社員として働くという道もあります。製パン業界には、製造に携わらない総務や営業などの部門の社員であっても、パン作りに関する知識を持つべきと考えている会社も存在するためです。

もちろん、独立・開業し、自分の店を持つこともできるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

パン作りに関する資格はたくさんありますね。

ぜひ、自分にあった資格取得を目指してください。

その他、パン作りに関する通信講座・教育を紹介した記事もどうぞ。

パン作りの人気通信講座を一挙紹介!~毎日パンのある生活を~

どれを取得する?パン作りの人気資格をご紹介│情報まとめサイト はコメントを受け付けていません