パン種類

パンの種類を紹介。世界のパンにはどんなものがあるのか

パンといえば、洋風なイメージがあります。
しかし、アンパンなど、明らかに日本生まれのパンも存在します。
世界にもそういった、国独特のパンがあるのでしょうか。
世界各国それぞれのパンの種類をまとめてみましたので、どんなパンの種類があるか知りたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

世界のパンの種類

お米を主食にしている日本ですら、一歩外に出れば世間はパンで溢れかえっています。
パンを主食にしている国やそうでない国など、それぞれどんな種類のパンを食べているのかまとめてみました。

アメリカのパン

アメリカは移民国家なので、それぞれの移民が伝えたパンが存在します。
例えば、アメリカといえばベーグルですが、これはユダヤ系移民が伝えたとされます。
ベーグルの名称も、語源はドイツ語のビューゲルと言われています。
甘くておいしいシナモンロールもアメリカでよく食べられているパンですが、発祥はスウェーデンとされています。

ほかに、アメリカでよく食べられている種類のパンには、バターロールやドーナツ、マフィンやバンズがあります。
バンズはハンバーガーやホットドックなどによく使われており、色々な具材と組み合わせることでさらにおいしくなります。

フランスのパン

フランスのパンの代表として、まずバゲットがあります。
これは、小麦粉・水・酵母・食塩のみを使って作られる、日本でいうフランスパンです。
大きさによってバタールやパリジャンなど名前が変わります。
パリッとした外側の表皮部分を楽しむか、中の生地を楽しむかによって、同じ生地から作られていてもおすすめの大きさが変わってきます。

ほかにもフランスのパンには、三日月型のクロワッサンや、中にチョコレートの入ったパン・オ・ショコラ、卵とバターをたっぷり使ったブリオッシュなどがあります。

イギリスのパン

イギリスのパンとして有名なのは、イギリスパン、イングリッシュマフィン、スコーンです。
イギリスパンは山型食パンとも呼ばれ、本場イギリスではホワイトブレッド、ティンブレッドと呼ばれています。
日本の食パンと比べるとキメが粗く、甘さ控えめであっさりしています。

イングリッシュマフィンは伝統的なイギリスのパンであり、専用の型を使う事で、特徴的な円柱型に仕上がります。
食べる時はフォークや手で2つに割り、バターや具材を挟んでからトーストをします。
スコーンはイギリスのアフタヌーンティーには欠かせないビスケットの一種で、こちらも上下に2つに分け、ジャムやクリームを塗ってから食べます。

中国のパン

中国の伝統的なパンは、饅頭になります。
饅頭は、小麦粉・水・食塩・砂糖・酵母を材料にして作られ、発酵させたあとに蒸して完成します。
蒸すという調理工程があるところが、特徴となっています。

ロシアのパン

ロシアのパンとして代表的なのが、ピロシキです。
ピロシキは、ロシアだけでなくベラルーシやウクライナでも作られている東欧料理のひとつでもあり、中に色々な具材を入れて油で揚げたり、オーブンで焼いたりして作られます。

もともとは家庭料理であり、中身の具材や形も特に決まっていません。
肉や野菜、魚などを入れることもあれば、ジャムを入れることもあります。
形は円形や楕円形、四角形のものあり、ピロシキの基本的な形だけでも、20種類以上はあると言われています。

デンマークのパン

デンマークで有名なパンは、デニッシュペストリーです。
本場デンマークではヴィエナーブロート(ウィーンのパン)と呼ばれています。
さまざまな季節のフルーツや甘いクリームをトッピングした、お菓子とパンの中間にあたるパンで、サクサクとした食感が特徴的です。

他にも、見た目がバターロールそっくりなギフラや、ゴマをたっぷり使ったトレコンブロートなどがあります。

ドイツのパン

ドイツはパンをよく食べる国として有名で、年間の消費量も国民一人当たり80㎏とも言われています。
パンの種類も多く、パン屋さんで扱う商品としてのパンは1500種類以上もあると言われています。

代表的なドイツのパンは、ライ麦パンやシュトーレン、プレッツェルがあります。
ドイツでは小麦を作ることが難しかったため、ライ麦を使ったパンが主流です。

シュトーレンはドイツの伝統的なパンのひとつであり、クリスマス前の時期に作られ、クリスマスを待ちながら薄切りにして少しずつ食べていくのが一般的です。
プレッツェルは腕を組んだように結び合わせた独特な形が特徴的なパンで、カリッとした食感がビールに合います。
塩味のものが多いですが、甘い味のものもあります。

イタリアのパン

イタリアの代表的なパンには、フォカッチャやグリッシーニなどが挙げられます。
フォカッチャは古代ローマ時代から作られてきたとも言われ、ピザの原型とも言われています。
ピザのように具材を上に乗せて作ることがありませんが、オリーブやローズマリーをトッピングしているものもあります。

生地に練り込まれたオリーブオイルの風味が特徴です。
グリッシーニは細長いスティック状をしており、あっさりした塩味とクラッカーのような食感が特徴のパンです。
生ハムを巻いて食べたり、ワインのおつまみとして食べたりします。
他にも、パネトーネやパンドーロといった菓子パンや、イタリア風サンドイッチのパニーニなどのイタリア発祥のパンがあります。

日本のパン

日本発祥のパンは、アンパンやメロンパン、クリームパンなどの甘い菓子パンが目立ちます。
チョコレートやクリームの入ったコロネも、日本発祥と言われています。
コロネの名前自体は、角を意味するフランス語であるコルネ、または英語の管楽器であるコルネットから名付けられたとも言われています。

甘いパンだけではなく、カレーを中に入れて揚げて作るカレーパンも、日本で作られたパンです。
また、コロッケパンも、銀座が発祥と言われています。
甘いパンだけではなく、総菜パンも日本のパンの特徴と言えます。

そして最後に、日本のパンとして代表的なのが、食パンです。
正確には角食パンといいますが、他の国と比べると、きめ細かくて柔らかいのが特徴です。
サンドイッチや朝食など、日本人がよく使う馴染み深いパンの一つです。

パンの種類が世界各国で違う理由

それぞれの国で作られているパンの種類が違う理由は、環境が違うため、作る事の出来る作物が変わってくるからです。
たとえば、寒冷地であるリトアニアでは、小麦ではなくライ麦が生産されています。
そのため、ライ麦を使った黒パンが主食になっています。

また、それぞれの国の人の味覚に合ったパンが作られるため、世界で売られているパンの種類が変わってきます。
日本人がアンパンを作り好んで食べたように、世界の国の分だけ、パンの種類も変化します。

パンの種類を紹介。世界のパンにはどんなものがあるのか はコメントを受け付けていません