パンレシピ

パン作りを楽しもう!人気のチーズが入ったパンレシピ

パンを手作りすると、いい香りに包まれて幸せな気分になります。ふかふかの焼きたてパンを食べれば家族も喜んでくれます。ただし、パン作りは作り手が楽しめることが一番です。パン作りを楽しむ方法と、人気のパンレシピとしてチーズの入ったものをご紹介します。手ごねのレシピから簡単に作ることができる時短レシピまでご紹介します。

パン作りを楽しむために

パン作りは楽しい作業です。しかし、パンを焼くのが嫌になってしまうことがあるかもしれません。その理由は「失敗してしまって時間が無駄になった」、「時間がかかりすぎてイライラする」などでしょうか。なるべく楽しくパン作りができるように心がけたいことについてです。

時間と心に余裕のある時にパンは焼く

パンを作るのは時間がかかります。手ごねの場合だとパンのメニューにもよりますが、4時間くらいはかかります。この長時間の作業を楽しめない状況で行うのはストレスになります。時間がたっぷりとれて心に余裕のある時にパンは作るようにしましょう。そして作る過程を楽しんでみてください。

パン作りに失敗しないコツ

作業過程を楽しむとは言っても失敗したい人はいないと思います。そのためにパン作りのコツをご紹介します。

材料をしっかり計量する

まずは計量です。おかし作りほどではありませんが、パン作りも計量をしっかり行わないことは失敗につながります。きちんとキッチンスケールで計量するようにしましょう。

材料の中の水分の温度について

材料の中に水や牛乳など水分が必ず入りますが、その温度についてです。大体で構いませんが、春秋は40度から室温を引いた温度に、夏は35度から室温を引いた温度に、冬は45度から室温を引いた温度を目安に調節してください。これがうまく発酵させるためのコツになります。

道具を揃える

パン作りをするなら最低限の道具は揃えましょう。前項目の計量のためには0.5gまで測ることのできるキッチンスケールが必要です。その他には大きいボウル、生地を切るスケッパー、めん棒、できればこねる時に使うこね台もあった方がストレスになりません。

こねる

こねる作業はパン作りに一番大切な工程です。パンの材料を合わせてこねて、まとまってきてからバターなどの油脂類は入れてください。しっかりこねて滑らかになってきたらグルテンチェックをしてください。パン生地を掴み、生地の向こうから指が透けて見えるくらい薄くしていっても生地が切れなければグルテンができています。

1次発酵

こね終わったらボウルに生地を入れて発酵させます。35度以下の温度で約1時間ほど放置します、この時乾燥させないよう、ぬれ布巾を上にかけたり、ラップをかけてください。約2倍の大きさになったらフィンガーテストをしてください。人差し指を第一関節くらいまで生地に差し込んでから抜いて、指の跡がそのまま残るくらいが目安です。

その後の工程での注意

1次発酵後、分割、丸め、ベンチタイム、成形、2次発酵、焼成と続きますが、この工程の最中、生地を乾燥させないよう、手早く行うこともコツの一つです。

チーズが入ったパンレシピ①手ごねのレシピ

まずは手ごねを行うレシピになります。時間はかかりますが、手ごねを楽しみながら行いましょう。

こんがりチーズパンのレシピ

簡単な作り方です。材料を計量し、大きいボウルに強力粉、砂糖、塩、ドライイースト、スキムミルクを入れます。小さめのボウルに分量どおりの水を入れ、温度も確認します。大きいボウルの中身を混ぜてから、そこへ計量した水を一気に入れます。ゴムベラで混ぜ、ひとかたまりになってきたら手で2分ほどこねます。その後、バターを入れてさらによくこねます。生地がつるっとしてきたらグルテンチェックをします。よかったら、35℃で40分放置し、1次発酵させます。生地が約2倍の大きさになるよう発酵させてください。

その後、生地を1個分の大きさごとに分割し、きれいに丸めベンチタイムを15分とります。乾燥しないよう生地の上にぬれ布巾をかけてください。そして丸めた生地を円形に伸ばし、中央にチーズを乗せきれいに包んでいきます。閉じ目は下にし、上にはハサミで十文字に切れ目を入れます。

天板にクッキングシートを敷き、その上に生地を乗せ、40℃で15分程度オーブンで2次発酵を行います。終わったら、卵液を表面に塗ってから、180℃に予熱したオーブンで15分焼けば出来上がりです。

ふわふわ!とろ~りチーズパンレシピ

簡単な作り方です。材料を計量し、大きいボウルに強力粉、薄力粉、砂糖、塩、ドライイーストを入れます。小さめのボウルに分量どおりの水を入れ、温度も確認します。大きいボウルの中身を混ぜてから、そこへ計量した水を一気に入れます。ゴムベラで混ぜ、ひとかたまりになってきたら手で2分ほどこねます。その後オリーブオイルを入れ、さらによくこねます。生地がつるっとしてきたらグルテンチェックします。よかったら35℃で60分1次発酵させます。生地が約2倍の大きさになるよう発酵させてください。

発酵後、やさしくパンチするように2,3回生地を押しガス抜きします。その後、生地を1個分ずつの大きさに分割し、きれいに丸めベンチタイムを15分とります。乾燥しないよう生地の上にぬれ布巾をかけてください。そして生地を平らにして中央にチーズをのせ閉じ、閉じ目を下にします。

天板にクッキングシートを敷き、その上に生地を乗せ、40℃で40分程度オーブンで2次発酵を行います。できたら茶漉しで強力粉を上にふりかけ、180度に予熱したオーブンで12~15分ほど焼けば出来上がりです。

チーズが入ったパンレシピ②時短レシピ

通常のパン作りをするほど時間がない場合におすすめの時短レシピです。このレシピは発酵が不要なので、かなりの時短になります。

平焼きハム&チーズパン

簡単な作り方です。ボウルに薄力粉、砂糖、 ベーキングパウダーを入れてよく混ぜます。ここにマヨネーズと水を入れて粉気が無くなるまで手早く混ぜます。混ざったら、生地を分割し、手のひらに乗せ、ハムより一回り大きいサイズに伸ばします。その上にスライスチーズとハムを乗せ、生地で包んで閉じていきます。

熱したフライパンを弱火にして生地を並べ、蓋をして焼きます。片面3~4分が目安になります。両面焼いたら出来上がりです。

ホットケーキミックスでくるみチーズパン

簡単な作り方です。ボウルにホットケーキミックス、ヨーグルト、なたね油を入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜて一つにまとめます。この時、こねる必要はありません。ここに粗く刻んだクルミを入れて混ざったら、生地を1個分ずつ分割します。

生地を平たい円に成形したら、クッキングシートを敷いた天板に並べ、ピザ用のチーズを上に少し押し付けるようにして乗せます。180℃に予熱したオーブンで10分焼けば出来上がりです。

まとめ〜パン作りは楽しめることが一番

手作りパンのチーズを使ったレシピをご紹介しました。パン作りと言っても手ごねばかりが手作りパンではありません。ホームベーカリーを使ったり、ベーキングパウダーやホットケーキミックスで発酵不要のレシピを使用すれば格段に短い時間、少ない負担でパンを作ることができます。楽しめることが一番ですので、時間や心の余裕を鑑みて、レシピを使い分けて楽しくパン作りをしてみてはいかがでしょうか。

パン作りを楽しもう!人気のチーズが入ったパンレシピ はコメントを受け付けていません