パン

パン作りが世界に広がった歴史と日本でのパン作りの歴史を紹介

今では世界中で食べられているパンですが、パン作りが世界に伝わるまでの歴史は短いものではありませんでした。
パンが登場しても誰でもパン作りができるわけではなく、日本でもなかなか広まりませんでした。
パンが生まれパン作りが世界や日本に広まった歴史について、詳しくご紹介します。

パン作りの歴史:世界編

パン作りに使われる小麦粉は、今から1万年以上前に、中央アジアから西アジアで栽培が始まりました。
小麦が作られてからどのようにパン作りが行われるようになったのか、まずは世界のパン作りの歴史をご紹介します。

紀元前6000年〜4000年頃

古代メソポタミアでは、小麦粉と水をこねて焼いただけのものを食べていました。
アジムと呼ばれる、せんべいのような平たいもので、これがパンの原型になったとされています。
現在のナンのイメージに近く、当時はまだ無発酵でした。

紀元前4000年〜3000年頃

ある時、焼く前のパンの生地を放置していたところ、偶然にも生地が発酵し、そこから「発酵パン」が生まれました。
そこから、食事や供物としてパンが作られるようになっていきます。

紀元前500~400年頃

古代エジプトから古代ギリシャへパン作りが広まった時代です。
エジプトのパン職人が奴隷としてギリシャに連れて行かれ、そこからパン作りが広まっていきました。
ギリシャでは材料がシンプルなリーンなパンだけでなく、バターや牛乳、フルーツなども使ったリッチなパンも作られるようになりました。

紀元前400~300年頃

パン作りの技術を身に着けたパン職人が登場し、世界各地を渡り歩くようになりました。
パンはヨーロッパから、アジア・アフリカなどの世界各地へと広まり、主食として食べられるようになりました。
ぶどう液から作られた、いわゆる天然酵母も使われるようになりました。

~14世紀頃

中世ヨーロッパでは戦乱が繰り返されていたため、パンの技術はあまり発展しませんでした。
キリスト教ではパンはキリストの肉とみなされていたため、教会や修道院、一部のパン屋や貴族にしか、パン作りは認められていませんでした。
市民は、お金を払ってパン焼き釜を借りて、一度にまとめてパンを焼いていました。

やがて、教会が主導だったパン作りは、国王や貴族が主導となり、品質の向上や技術の改良がおこなわれていきました。
そして、各国がパンの研究所を設けました。

14世紀から16世紀にかけてイタリアで始まったルネサンスの時代には、庶民も過程でパンを焼くことが許可されました。
パン作りはヨーロッパ各地に広がっていき、アメリカでは砂糖などを使ったリッチなパンが作られ始め、パンの量産化や生産の合理化が発展しました。

18世紀~20世紀

18世紀にイギリスでホワイトブレッドが誕生しました。
これは、日本の食パンの原型となるパンで、山型食パンとも呼ばれています。

20世紀前半にはフランスでクロワッサンが誕生し、20世紀中頃にはアメリカでロールパンが誕生しました。

パン作りの歴史:日本編

世界で広がりを見せたパン作りですが、日本では16世紀半ばに初めて到来します。
しかし、日本人のために作られたパンはなかなか登場しませんでした。
日本のパン作りの歴史を詳しくご紹介します。

16世紀

1543年に種子島に到着したポルトガル人によって、鉄砲と共に西洋風のパンが到来しました。
その6年後である1549年に、日本にキリスト教を伝えにきたイエズス会のフランシスコ・ザビエルによって、キリストの肉とされるパンも広まっていきました。
特に、南蛮貿易で栄えた長崎などでは、パン作りが盛んに行われていました。

発酵パンだけではなく、ビスケットのような固いパンも、航海のための保存食として作られました。
しかしこの頃は、主食が米だった日本人のためではなく、来日する外国人のためにパンは作られていました。
やがて江戸時代に鎖国が始まり、キリスト教や交易が禁じられてからは、長崎で西洋人のために細々と作られるようになりました。

17世紀

パンがお菓子として発展していった時代です。
長崎では、大量にビスケットを作ってフィリピンへ輸出していました。

19世紀

1840年に中国で起こったアヘン戦争により、イギリスが日本に襲来することを幕府は恐れました。
その際、伊豆韮山の代官であった江川太郎左衛門が兵糧として目を付けたのがパンです。
1842年には本格的な製パン所を作り、韮山の私邸でパンの試作を行いました。

この時のパンは、現在の乾パンのような堅パンだったと言われています。
戦争は起こらなかったため、パンが兵糧として使われることはありませんでしたが、この時に作ったパンが初めての日本人による日本人のためのパンでした。
この時パン作りをした江川太郎左衛門は、パンの祖として知られるようになりました。

1854年に鎖国が開かれたのち、1864年に日本初のパン屋「ヨコハマベーカリー」が開店しました。
1869年には、木村屋総本店が銀座で開業し、1874年にはアンパンの開発に成功しました。
翌年の1875年4月4日に明治天皇に桜アンパンを献上した際、大変お気に召されたことにより、それを記念して4月4日はアンパンの日となりました。
庶民の間でもアンパンは大ヒットしました。

1890年には大凶作が起こり、米が不足しました。
その際に、食パンに味噌や砂糖じょうゆを付けて焼いて作ったつけ焼きパンが大流行しました。

20世紀~

1904年には新宿中村屋の創業者である相馬愛蔵が、シュークリームの美味しさに感動し、それをパンに応用してクリームパンの製造販売を行いました。
1913年には、アメリカでパンの製法を学んだ田辺玄平が私財を投じて研究した結果、国産のイーストの開発に成功しました。
そのおかげで、ふっくらとしたパンが食べられるようになり、パン種作り職人がいなくても誰でも製パン業が営めるようになりました。

1927年には、東京の名花堂でカレーパンが作られました。
1946年頃、戦後間もない状況の中、学校給食としてコッペパンが登場しました。
1955年頃からは、全国に大きなパン工場が次々とできていき、パンの生産量も増えていきました。

1964年には、第18回オリンピックこと東京オリンピックをきっかけとして、フランスパンやデニッシュペストリーなどが日本で食べられるようになりました。
1980年代には冷凍パン生地技術が発達し、1990年代にはご当地パンや食パンの専門店などが注目を集め、パンブームが起こりました。
2011年には、パンの購入額が初めて米を上回り、パンが日本人の食生活に深く浸透しているのが分かる結果となりました。

パン作りが世界に広がった歴史と日本でのパン作りの歴史を紹介 はコメントを受け付けていません