パン,  パン作りのコツ,  パン種類

パンの種類を知っていこう、おやつや朝食に食べる菓子パンについて

おやつや朝食、軽食によく食べる菓子パン。コンビニとかでもよく見かけるのでついつい買ってしまいますよね。

甘くておいしくて、おなかがいっぱいになるので、いろいろな種類の菓子パンが常にパンコーナーに並んでいます。

では、そもそも菓子パンとはどのようなパンなのでしょうか。

菓子パンとは

クリームパン、あんぱん、メロンパンなど、砂糖などの糖分を含む具材や材料をパン生地に練り込んで焼いたり、パン生地でチョコレートなどを包んだり、パン生地に乗せて焼いたもの、ほかにチョコを含むパンや生クリームと合わせたパン、フルーツと組み合わせたスイーツ系のパンの総称を菓子パンと呼ぶことが多いです。

ほとんどの菓子パンは甘味のあるパンで、おやつなどに向いています。

おもな菓子パン

メロンパン

パン生地の上にクッキー生地を載せて焼いた、元は見た目からのネーミングで、基本的にメロンの味は付いていないパンのことです。今でこそ夕張メロンパンなど実際にメロンを使ったパンがあり、メロンのクリームが入っていることもあります。

あんパン・ジャムパン

あんこやジャムが中に入ったパンです。

シナモンロール

シナモンのフィリングを巻き上げたパンです。リンゴやレーズンが入っていることもあります。

クリームパン

中にクリームが入ったパンです。いろいろな味のクリームが入っており、最近では八天堂などの生クリームパンも人気です。

チョコレートパン

チョコレートが中に入ったパンです。

コロネ

ロールパンの中にクリームが詰まっているようなパンです。コロネ型をしており、チョココロネが有名です。

ピーナッツパン

ピーナッツバターが挟まっているパンです。コッペパンの中に入っているものが有名です。

揚げパン

コッペパンやツイストされているパンを油で揚げて、黄な粉やココアをまぶしたものです。

給食で出てくることが多いのが特徴です。揚げたてを食べるのが最高です。

マーガリントースト

バターシュガートースト、イギリストーストと呼ばれることもあります。

甘さ控えめで微かに塩味のマーガリンクリームを表面に塗り、粉砂糖を振りかけたトーストです。

ヴィドフランスの厚いシュガートーストなどが有名です。

レモンパン

レモンを使ったパンです。レモン型をしているものも多いです。レモンのクリームが入っていることもあり、夏にぴったりなさっぱりしたパンです。

甘食

焼き菓子の一種で、直径5-6cmの平たい円錐形をしています。

スポンジケーキとビスケットの中間のような面白い食感が特徴のほんのり甘い、昔ながらのパンです。

ぶどうパン

生地に干しぶどうが入ったものです。表面に砂糖がかかっていて、外が若干ハードなものも最近出てきていて、とてもおいしいです。

豆パン

甘納豆パンとも呼ばれ、生地に大粒の甘納豆が入ったものです。主に北海道で食される代表的な菓子パンになります。

ようかんぱん、ようかんロール

コッペパンやロールパンの間にホイップしたクリームを挟み、液状のようかんをエクレアのようにコーティングしたもので、こちらも北海道で食される代表的な菓子パンです。

シベリア

昭和時代に大人気だったシベリアパンは、ようかんやあんこをカステラでサンドした菓子パンです。羊羹カステラと呼ばれることもあります。最近人気が再燃してきて、ヤマザキパンなどが作っている他、パン屋さんでも時々見かけることがあります。

菓子パンのカロリー

甘くておいしい菓子パンですが、やはりカロリーも気になるところですよね。主な菓子パンの1個当たりのカロリーをご紹介します。

あんぱん 297カロリー

クリームパン 260カロリー

ジャムパン 250カロリー

蒸しパン 179カロリー

メロンパン 389カロリー

揚げパン 269カロリー

デニッシュ 288カロリー

 

菓子パンのカロリーは100gあたり200~400kcal前後のものが多いです。そのため、1個当たりのカロリーがどうしても300カロリー近くになってしまいます。おやつなどで2個とか食べてしまうとすぐに600カロリー近く行ってしまいます。

菓子パンの中でも、バターをたっぷりと使用するメロンパンやデニッシュ、油で揚げる揚げパンなどはどうしてもカロリーが高くなります。また、メロンパンやデニッシュなどは中にクリームが入っていたり、フィリングが乗っていたり、揚げパンも上げた後にまぶす砂糖などによってはさらにカロリーが上がる可能性があるので注意しましょう。

また蒸しパンは意外とカロリーが高いパンとして有名です。100gあたりのカロリーは約293kcalあります。サイズによってはメロンパンやデニッシュに匹敵するカロリーになります。ダイエット中には気を付けたほうがいいかもしれません。

低糖質パンの選び方

菓子パンのカロリーが高いと言っても、ダイエット中もやっぱり時々は菓子パンを食べたくなりますよね。

そんな時は、低糖質のパンを選びましょう。ブランパンなど、糖質の低いパンは最近数多く売られています。

選び方のコツをご紹介します。

糖質の量が少ない

低糖質のパンでも、含まれる糖質の量は様々なので、気にしていないと実はとりすぎていたということがあります。

パン1個あたり、どれくらいの糖質が含まれているのかしっかりチェックするようにしましょう。

食物繊維の量が多い

炭水化物を抑えると、食物繊維の摂取量が少なくなりがちです。

食物繊維が不足すると便秘の原因にもなるので、食物繊維が多く含まれているものをなるべく選ぶようにしましょう。

ライ麦パンやブランパンなどがおすすめです。

天然甘味料が使われている

砂糖などの人工甘味料は糖質が多く含まれるため、カロリーが高くなりがちです。

エリスリトールやステビアといった天然甘味料を使用しているパンの方が、より糖質を抑えることができます。

普段、何気なく買っている菓子パンでも、実はとてもカロリーが高かったり、お砂糖がとても多かったりということはよくあります。最近ではスーパーやコンビニでも糖質のパンが良く売られていたり、パン屋さんでも気にしている人のためのパンを置くお店も増えてきました。

もちろん、ご家庭で作る際にもこのようなパンが作れるように粉なども低糖質のものが販売されています。

ダイエット中だから、とかカロリーが高いからなどと思わずに、おいしい菓子パンを食べることができる時代になってきていますので、いろんな菓子パンを食べたいですね。

パンの種類を知っていこう、おやつや朝食に食べる菓子パンについて はコメントを受け付けていません