パン

パンの日はいつでどんなものがあるのか。由来や内容を紹介

日本でよく食べられているパンは、実は記念日がいくつもあります。
日本で初めてパンが作られた日を記念して制定された、パン全般を記念した日や、フランスパンやくるみパンなどの特定の種類のパンを記念したパンの日もあります。
それぞれのパンの日がいつで、由来や内容はどんなものなのか紹介します。

パンの日(パンの記念日)

4月12日は、パンの日とも呼ばれる「パンの記念日」です。
由来は、日本で初めて、日本人のためにパンを作った日だからです。
1840年に起こったアヘン戦争により、イギリスが襲来することを恐れた日本の幕府が備えをすることにしました。
そこで伊豆韮山の代官である江川太郎左衛門は、パンを兵糧として作ることにしたのです。

江川太郎左衛門は製パン所を作り、1842年4月12日に初めて日本人による日本人のためのパンが作られました。
初めて作られた兵糧パンはそこそこ評判で、そこから大量のパンが作られるようになりました。
日本で初めてパンが焼かれた日として、4月12日を「パンの記念日」とし、毎月12日は「パンの日」となりました。
定められたのは1982年で、定めたのはパン食普及協議会です。

一年中あるパンの日の種類

全てのパンを代表するパンの記念日やパンの日の他にも、パンの種類によっても●●パンの日というのが存在します。
どんなパンの日があるのか、その由来や内容をご紹介します。

あんぱんの日

4月4日はあんぱんの日です。
由来は、明治8年(1875年)4月4日に、明治天皇へ桜あんぱんを献上した日だからです。
あんぱんは、木村屋が明治2年(1869年)に開発しました。

天皇両陛下がお花見をする際にお茶菓子として、桜の塩漬けを真ん中にトッピングしたあんぱんを献上した際、大層お気に召され、引き続き納めるようにお言葉を戴きました。
それを記念して、一般社団法人である日本記念日協会から平成13年(2001年)4月4日に正式に認定登録されました。

ごはんパンの日

5月8日は、ごはんパンの日です。
ごはんパンとは、天然酵母の生地にごはんを練り込んで、よもぎや野菜などの具を入れて焼き上げた、おやきのようなパンです。
ごはんパンを製造販売する長野県にある有限会社「高原のパンやさん」が制定しました。

由来は、ご(5)はんパ(8)ンの語呂合わせから来ています。
ごはんパンを多くの人に知ってもらう事を目的とし、日本記念日協会により認定登録されました。

蒸しパンの日

6月4日は、蒸しパンの日です。
由来は、日付の6(む)と4(し)の語呂合わせから来ています。
子供達にも食べてもらいやすい蒸しパンを、朝食やおやつでもっと食べてもらう事を目的としています。

平成2年(1990年)に発売したチーズ蒸しパンがロングセラーとして愛されている日糧製パン株式会社が制定し、日本記念日協会により認定登録されました。

超熟の日

10月1日は、超熟の日です。
超熟とは、敷島製パン株式会社の発売する人気の食パンです。
由来は、超熟が発売されたのが平成10年(1998年)10月1日からだからです。

超熟シリーズをもっと知ってもらい、日本中に豊かで楽しい生活を届ける事を目的に、敷島製パンが制定しました。
平成30年(2018年)に発売から20周年を迎え、2018年に日本記念日協会により認定登録されました。

たまご蒸しパンの日

10月1日は、たまご蒸しパンの日です。
由来は、黄色くて丸い見た目がまるでお月さまのように見えることから、お月見のお供としてたまご蒸しパンを食べる習慣が広まってほしいという思いから来ています。

フジパンのロングセラー商品「おいしいたまご蒸しパン」が発売10周年を迎えることを記念して申請し、2019年に無事に日本記念日協会により認定登録されました。
お月見の定番といえる団子は小さな子供には食べづらいからという思いや、たまご蒸しパンの市場を盛り上げる事も目的となっています。

ドイツパンの日

10月3日は、ドイツパンの日です。
由来は、平成2年(1990年)の10月3日にドイツが再統一し、ドイツの象徴的な日となったからです。
健康にいいと見直されているドイツパンの普及を目指す事が目的です。
ドイツパン研究会が制定し、日本記念日協会により認定登録されました。

スティックパンの日

11月11日は、スティックパンの日です。
由来は、11と11がスティックが並んでいるように見えることからきています。
山崎製パン株式会社が制定し、平成30年(2018年)に日本記念日協会により認定登録されました。
スティックパンは細長いため手軽に食べることができ、子供のおやつにも便利で、人にもあげやすい形状なので、より多くの人に知ってもらうことを目的として記念日が作られました。

フランスパンの日

11月28日は、フランスパンの日です。
由来は、いい(11)フ(2)ランスパ(8)ンと語呂合わせから来ています。
日本フランスパン友の会が制定しました。

フランスパンが毎日の食卓で愉しんでもらえるよう願いが込められています。
フランスパンの日のシンボルマークは、二本のフランスパンを、両腕を重ねるようにして抱きかかえているイラストになっています。
これは、2つの手が重なる事によって、日本で普及してきたフランスパンが、フランスパンの日をきっかけにして多くの人に愛される存在になるようにという願いが込められています。

くるみパンの日

毎月3日は、くるみパンの日です。
由来は、「毎月来る三日」を「まいつきくるみっか」と読み、くるみにちなんで毎月3日にしました。
アメリカのカリフォルニア州のくるみ生産農家と加工・販売業者を代表するカリフォルニアくるみ協会が制定しました。
カリフォルニア産のくるみは日本でくるみパンによく使われているため、くるみパンに定期的に親しんでもらうことを目的としています。

コッペパンの日

毎月10日は、コッペパンの日です。
由来は、全日本丸十パン商工業協同組合が制定したからです。
丸十パンをより多くの人に知ってもらうのを目的に、丸十の十を取り、毎月10日をコッペパンの日としました。

なぜコッペパンなのかというと、全日本丸十パン商工業協同組合を始めた田辺玄平は、アメリカに渡り製パンの技術を学び、日本で初めてパン酵母を使った、ふっくらとしたパンを焼き上げることに成功したからです。
それが現在のコッペパンの元祖であると言われているため、コッペパンの日となりました。

王様の食パンの日

毎月13日は、王様の食パンの日です。
王様の食パンとは、株式会社フランソアが販売する食パンです。
由来は、王様がトランプでいうキング、つまり13を表すことからきています。

濃厚な味わいと口どけが楽しめるプレミアムな食パンを販売しているフランソアが、家族でゆっくりと朝食の時間を過ごしてほしいとの願いが込められています。
平成27年(2015年)に日本記念日協会により認定登録されました。

パンの日はいつでどんなものがあるのか。由来や内容を紹介 はコメントを受け付けていません