パン,  パン作りのコツ,  パン種類

ダイエット中に食べても大丈夫、糖質の低いパンの種類

パンはカロリーが高く、特に菓子パンなどは1個でとても高いカロリーがあることは知られています。

また、栄養価の面でも炭水化物と糖質が多く、ダイエット中は敬遠してしまう人も多いと思います。

ですが、実際にはパンとお米の太りやすさには特に差はなく、太りやすいと思われる理由、は量とパンの種類だと言われています。

そんな方でも食べられる、糖質の低いパンをご紹介します。

食事のお供として選ぶならリーン系のパン

粉、水、塩、イーストで作る脂肪分の少ないシンプルなパンのことをリーンなパンと言います。

バターや砂糖などをほんの少しだけ入れたものも、リーン系に含みますが、ほとんどは含まれていません。簡素なでシンプル、脂肪分のないという意味があります。

バケット、パン・ド・カンパーニュ、カイザーゼンメル、ライ麦パンなどのヨーロッパの食事パンの多くがこれにあたります。ハード系のパンが多いので、噛む回数が増え、少しでおなかがいっぱいになることも特徴です。

シンプルだからこそ、小麦粉のこんがり焼けた香りや発酵による風味を充分にひきだせることが魅力です。

糖質の低いパン代表 ライ麦パン

ライ麦パンはパン屋でよく売られていますし、最近ではコンビニでも見かけるようになりました。

しかしライ麦パンと言っても、ライ麦の割合がどれくらいかが重要です。ライ麦が少ししか入っていない場合や、小麦粉が多い場合があります。小麦粉が多くては、糖質が多くなっていしまいます。出来たらライ麦100%のパンを選んだほうがが良いです。

ドイツではライ麦の割合でパンの名前が変わり、またドイツのライ麦パンはイースト菌ではなく、サワードウを使うので膨らみが悪く、固いパンになります。ドイツの黒パンというと固いイメージがありますよね。しかし麦の濃厚な旨みを味わえ、噛みごたえや食べごたえがあり、腹持ちが良いです。

ふすまパン・大豆粉パン

ふすまとは、ブランとも言われ、小麦の外皮の事を言います。ふすまは、糖質制限、低糖質ダイエットに向いています。タンパク質は鶏肉と同等くらい含まれており。食物繊維は、なんとごぼうの2倍もあります。カルシウムや鉄分も摂れます。

また、大豆やふすま、全粒粉などで作られたパンは大幅に糖質が抑えられていることが特徴で、栄養もあるため、健康的なパンだと言えます。また、これらのパンはただ糖質が低いというだけでなく腹持ちも良いので、お腹がすきにくいという利点があり、食事制限などに苦労をしにくいということが挙げられます。そのため、ダイエット目的の方や糖尿病の方にもおすすめしやすいパンとなっています。

低糖質パンの選び方

菓子パンのカロリーが高いと言っても、ダイエット中もやっぱり時々は菓子パンを食べたくなりますよね。

そんな時は、低糖質のパンを選びましょう。ブランパンなど、糖質の低いパンは最近数多く売られています。

選び方のコツをご紹介します。

糖質の量が少ない

低糖質のパンでも、含まれる糖質の量は様々なので、気にしていないと実はとりすぎていたということがあります。

パン1個あたり、どれくらいの糖質が含まれているのかしっかりチェックするようにしましょう。

食物繊維の量が多い

炭水化物を抑えると、食物繊維の摂取量が少なくなりがちです。

食物繊維が不足すると便秘の原因にもなるので、食物繊維が多く含まれているものをなるべく選ぶようにしましょう。

ライ麦パンやブランパンなどがおすすめです。

天然甘味料が使われている

砂糖などの人工甘味料は糖質が多く含まれるため、カロリーが高くなりがちです。

エリスリトールやステビアといった天然甘味料を使用しているパンの方が、より糖質を抑えることができます。

手軽に買える低糖質パン

最近では、コンビニやスーパーでも低糖質のパンが売られるようになってきました。

そこで、コンビニやスーパーで手軽に買える低糖質のパン一覧を紹介します。

ローソンのブランパン

ローソンならどこでも手軽に買うことができ、さらにおいしいと人気のブランパン。

材料は米ブラン、オーツ麦ブラン、大豆粉で作られています。

種類は、プレーンとチーズがあります。プレーンはほんのり甘く、チーズはチーズの甘みが感じられておいしいです。

2017年にリニューアルして、ブラン独特のにおいを抑え食べやすくなっています。

プレーンの糖質が1個あたり2.2g、チーズが2.0gなので、若干チーズの方が糖質が低いです。

ローソンには他にもブランを使ったパンが多数ありますので色々試してみてください。

パスコの低糖質ブラン食パン

超熟などの食パンが人気のパスコからも、低糖質のパンが数種類販売されています。

小麦ふすまを使った食パンで、糖質が50%カットされています。食物繊維も1枚当たり7.3g含まれており、栄養的にもとてもいいです。

ブランの癖もないため、トーストして食べてもおいしいブラン食パンです。

ブレッド、イングリッシュマフィン、ソーセージパン、パンケーキ、ワッフルが他に低糖質シリーズで販売されています。

シャトレーゼの糖質84%カットのテーブルパン

洋菓子で有名なシャトレーゼ。焼き菓子や、ケーキなどのスイーツのイメージが強いですが、実は低糖質商品を多く取り揃えています。

テーブルパンの糖質は1個あたり2.7gしかなく、癖がないため、レタスやハムなどを挟んで食べても美味しいです。

ベーコンとブラックペッパーを練り込んだ低糖質パンもあります。両方買って食べ比べてみるのもいいですね。

シャトレーゼではパン以外にも洋菓子店ならではの低糖質スイーツもたくさん販売されています。

いかがでしたか。少し工夫をすれば、ダイエット中でもパンを楽しむことができます。甘いタイプのパンも楽しむことができるので、ダイエット中も楽しくなりますね。

最近はふわふわもちもちのパンが多く、そのような食感が流行りですが、リーン系のパンの、ハードで、粉の味をしっかり楽しめるパンは食べると癖になる味です。

ヨーロッパで主流の黒パンはライ麦パンの一種ですが、ミネラルも豊富で、癖が強いですが、とてもおいしく低カロリーです。

ブランパンはたくさんの種類のものが、コンビニやスーパーで買えるようになっています。むしろローソンの低糖質パンは、種類が多すぎて迷ってしまうほどです。

ぜひ、ダイエット中のお供になるパンを見つけてくださいね。

ダイエット中に食べても大丈夫、糖質の低いパンの種類 はコメントを受け付けていません